株式会社DIVE INTO CODEディープロ

実践力がしっかり身に付くプログラミングスクール

4.3
3件

年齢・学歴・経歴不問 | 自分のペースで目的に合ったプログラミングが学べる

DIVE INTO CODEは、短期間の学習で実践力が身に付くプログラミングスクールです。

フルタイムで4カ月間集中してプログラミングを学ぶコースをはじめ、週1回のマンツーマンでのオンラインレッスンや、月額料金で教材を自由に学習できるコースなど、多彩な学習内容から選べます。

フルタイムレッスンでは、卒業後に即戦力としてエンジニアを目指すカリキュラムが組まれており、実務歴が2~3年必要とされる求人票でも、内定を得た実績があります。

まず入門としてHTML・CSS、JavaScriptやRubyなどのコードを動かしながら覚え、基礎では実際にWebアプリケーションの作成や、エラーデバッグの実践を行うなど、段階を踏みながらプログラミングを学べるので、スタートラインを気にする必要はありません。

しっかり経験を積んだ後は就職に備え、実技研修やGitHubを用いたチーム開発、ポートフォリオの作成などを行います。ただプログラミングを学ぶだけで終わりではなく、就職・転職に向けた、確かなカリキュラムを展開しているのがDIVE INTO CODEの魅力です。

学べるプログラミング言語はさまざまで、Googleの三大言語のひとつであるPythonをはじめ、Web制作に必須のJavaScriptや、日本で多くの求人数を獲得するRuby・PHPなど、多彩なバリエーションから選べます。

PythonやRuby、JavaScriptなど、さまざまなプログラミング言語から選べ、学べるジャンルも人工知能やゲーム開発、動画制作など、豊富なバリエーションが魅力です。

DIVE INTO CODEのプログラミングレッスンは、国の機関からも認められており、厚生労働省からは「専門実践教育訓練指定講座」、経済産業省からは「第四次産業革命スキル習得講座」として公認されています。

また、2021年に開催された、国内最大規模のビジネスカンファレンスである、RubyWorld Conferenceでは、プログラミングスクールでは唯一の、プラチナスポンサーとして参加した実績があります。ここではアフリカでの事業展開や、エンジニア育成について講演を行いました。このことから、言語の壁を越えたグローバルな活動も、盛んであることがわかるでしょう。

卒業生が入ったコミュニティには、1,400名以上の参加者が集まっており、スクール入校時から参加可能です。コミュニティで定期開催される勉強会や交流会では、現役のエンジニアと交流できる機会を持てます。プログラミング学習に関する質問をはじめ、実務をもとにした生の声が聞けるので、学習でつまづいた際の心強いサポートにもなるでしょう。コミュニティで定期開催される勉強会などを通して、現役のエンジニアと交流できる機会を持てます。

スクール卒業後の就職サポートや、キャリア支援も充実しており、履歴書の添削や模擬面接、卒業生による就職活動イベントの開催など、エンジニアとして活動していく道をひらいてくれるでしょう。実際に、多数の大手企業への就業実績もあります。

プログラミング学習に対して本気で取り組みたい方に、おすすめです。エンジニアに就職、もしくは転職という目標に対して、自分で明確に期限を設けて学習に打ち込めないと、最後までやりきることは難しいでしょう。

とくにフルタイムレッスンでは、短期集中でいかに成果を出せるかという点がポイントです。コースによって費用は大きく変わるので、自分の求める学習レベルをよく確認しておきましょう。

また、フルタイムレッスンの場合、厚生労働省と経済産業省の「教育訓練給付金対象講座」に含まれており、最大で70%の受講料の給付が受けられます。この場合、出席日数も受給の条件に入るため、仕事や学校との両立は難しくなることは知っておきましょう。

株式会社DIVE INTO CODE ディープロのココがおすすめ

ポイントその①卒業後は即戦力としてエンジニアを目指せる

せっかくプログラミングスクールを卒業しても、その後自力で就職活動を行うことは大変なものです。DIVE INTO CODEでは、レッスンの全行程の終了後に、10カ月間の手厚い就職サポートが受けられます。履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策、キャリア相談や卒業生による就職活動イベントなど、年齢や過去の経験を問わず参加できるので、卒業生の就職成功の声が多く見られることが特徴です。

株式会社DIVE INTO CODE ディープロのココがおすすめ

ポイントその②現役エンジニアが講師を勤める充実のレッスン

ほかのプログラミングスクールでは、講師としてアルバイトを雇用しているケースも見られます。しかしDIVE INTO CODEでは、メンターを担当する講師は、すべてスクール専属の現役のエンジニアです。プログラミングの知識を教えるだけでなく、プログラミング学習へのモチベーションを上げながらレッスンを展開するので、メンタル面の不安も取り除いてくれるでしょう。

株式会社DIVE INTO CODE ディープロのココがおすすめ

ポイントその③無料会員登録で、模擬試験が受け放題

ある程度プログラミングに関する知識があり、資格取得を目指したい方には、無料会員登録でITの模擬試験が自由に受けられるコース、DIVE INTO EXAMがおすすめです。模擬試験の採点や解説、教材の使用は有料プランのみですが、無料でも模擬試験の受験と評価は行えるので、まずはお試しで会員登録から行ってみてはいかがでしょうか。

株式会社DIVE INTO CODE ディープロの項目別評価

サービスの特徴や人気ポイント・評判まとめ

株式会社DIVE INTO CODE ディープロの評判

実際に利用した人のロコミ・体験談

  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1
4.3
(3件)

orus

363件のレビュー・0枚の写真

5

ディープロはAIを使って自分のレベルに合わせたカリキュラムを提供してくれるので、効率的に学習できます。また、メンターが常にサポートしてくれるので、わからないことがあってもすぐに解決できます。ディープロのおかげで、プログラミングの基礎を身につけることができました... もっと見る

たくま

854件のレビュー・0枚の写真

3

基本的には独学に近い状態で、講師の方に分からない事を質問しても直接答えを貰える訳ではなく、ヒントを貰えて再び自分で調べたりなどをして解決しなくてはいけなかったので、学びを進めるにはかなりの根気が必要でしたし、質問フォームなので直ぐに回答をしてもらえる訳ではなく... もっと見る

くに

1件のレビュー・0枚の写真

5

プログラミングの知識がない方でも、講師の方が丁寧に説明してくださります。
講師の方も複数いるので待つことも少なく、色々なアドバイスを丁寧にしてくださるので安心です。
そして教材もとても分かりやすく、ひとつひとつの単語などの説明もあり安心して学習に取り組むこ...
もっと見る

株式会社DIVE INTO CODE ディープロのサービス概要

失敗・後悔しないために知っておきたい基本情報

総合評価
4.3 (3件)
運営会社
株式会社DIVE INTO CODE
形式
対面
東京のみ
受講期間
フルタイム 4ヵ月
パートタイム 10ヵ月
授業料
Webエンジニアコース(就職支援プログラム)
547,800円
入会金
100,000円
言語
HTML・CSS・JavaScript・Ruby・SQL など
給付金
最大70%
返金制度
×
無料体験
説明会

株式会社DIVE INTO CODE ディープロと他サービスの違いを徹底比較

類似サービス比較表

公式サイト